忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

環境設定を複数用意する方法【Blender】

Blender

更新日:

Blenderの環境設定を複数用意して、違う環境のBlenderを開く方法を、3つ紹介する。
実作業用と人に説明するための実演解説用を分けたり、アドオン開発の検証用に初期設定環境で作業したい時などに便利。

方法1.別のBlenderを.zipでダウンロード

新しくBlenderを.zip形式でダウンロードし、フォルダ内にconfigフォルダを作ることで、そこに設定が作成されるようにできる。

このBlenderフォルダをまるごとUSBに入れるだけで、好きな環境設定のBlenderを持ち運びすることもできる。

  1. 公式ダウンロードサイトから[.zip形式で]新しくBlenderをダウンロードする
  2. zipを解凍する
  3. 解凍したフォルダの中の、バージョン名(2.80など)のフォルダの中に、configフォルダを作る
  4. zip内にあるBlender.exeを起動すると、設定がconfigフォルダ内に作成される

欠点

内蔵のアドオンと自分で入れるアドオンが同じscriptsフォルダ内に入るので、ごちゃまぜになる。
アドオンフォルダ内を頻繁にいじらない人にとっては些細なことではある。
ダウンロード日で並び替えすれば、判別はできる。

方法2.設定フォルダ名を変える

好きなフォルダをバージョン名に名前変更して、 環境設定保存場所に置くことで、そのフォルダを設定として開くことができる。

Blenderは、下記の場所にBlenderのバージョンごとに設定が保存され、それぞれのバージョンを開くと対応した設定フォルダが読み込まれる。

 C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Blender Foundation\Blender\バージョン名(2.80など)

欠点

環境設定を変える時に毎回名前を変更する必要があるため、頻繁に違う設定で開きたい場合は面倒。

方法3.別設定で開く.batファイルを作る

実行したら特定のフォルダの設定を読み込んで起動する.batファイルを作る
利点は、同じBlender.exeで、別の設定を起動できることと、環境設定の場所を自由に指定できること。

サンプル

set BLENDER_USER_CONFIG=C:\Users\sdt\Desktop\2.80 TESTver\config
set BLENDER_USER_SCRIPTS=C:\Users\sdt\Desktop\2.80 TESTver\scripts
set CYCLES_OPENCL_TEST=NONE
cd "C:\Program Files\blender-2.80"
start blender.exe
  1. 空のテキストファイルを作る
  2. 1行目 …… configのフォルダの場所を指定する
  3. 2行目 …… scriptsのフォルダの場所を指定する
    • 場所は好きな場所でかまわない
  4. 3行目 …… コンソール画面を非表示に設定する
  5. 4行目 …… cd で、実行するBlender.exeがある場所に移動
    • " " で括ること
  6. 5行目 …… start で、Blender.exeを実行
  7. テキストファイルを、.bat形式にして保存
  8. 実行すると、指定した設定フォルダで開くことができる

-Blender
-, , , , ,

Copyright© 忘却まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.