忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

隠し技的機能紹介【Blender】

Blender

更新日:

Blenderには裏ワザのようなものが山程ある。
そしてそれはBlender内で説明されていないことが多い。
その中でも実用的な機能を紹介する。

メニュー操作

「 A 」でパネルメニュー開閉

N/Tキーのプロパティやプロパティエディター上で、「 A 」キーを押すとパネルを開閉できる。
マウスでヘッダーをクリックする必要なく開閉できる。

選択したパネルメニュー以外をすべて閉じる

  • Ctrl + パネルのヘッダーをクリック

目的のパネル以外を一度に隠せる。

タブの切り替え

  • タブの上にマウスを置き、マウスホイール回転

プロパティやユーザー設定ツールシェルフなどのタブ

プロパティやユーザー設定で、中ボタンドラッグ

画面を持つようにスクロールできる。

プロパティの調整

プロパティであればあらゆる場所で利用できるので便利。

数値のプラス / マイナスを反転

  • 数値入力フィールドで、マイナスキー

プロパティをデフォルト値に戻す

  • 数値入力フィールドで、バックスペース

すぐさま元の設定に戻すことができる。
自分の設定した値を消して元に戻したい時に便利。

数値を微調整

  • 数値入力フィールドで、Alt + Ctrl + マウスホイール回転

数値を上下できる。

複数のプロパティを、一括調整

  • 数値入力フィールドで、ドラッグして一括選択

トランスフォームのような並んでいるメニューで、一括入力することができる。

クリックして選択する必要なくコピー / ペースト

  • 数値入力フィールドの上で、Ctrl + C / Ctrl + V
  • トランスフォームなど3軸をコピペするなら、Ctrl + Alt + C / Ctrl + Alt + V

数値入力する場所にホバーしている状態であれば、クリックして内容を選択する必要なくコピーすることができる。
これは色に関しても使うことができる。

対象オブジェクトを3Dビューから直接選ぶ

  • オブジェクト選択フィールドの上で 「E 」キーを押す

オブジェクトのピッキング選択ともいう。
モディファイアなどでの対象となるオブジェクトの選択で、オブジェクトのリストが多すぎて選択しにくい場合、カーソルがスポイト状態になり、3Dビューでオブジェクトを直接選ぶことができる。

ポップアップメニュー内ではできないので注意。

その他調整

マウスホイールでコマ送り

  • Alt + マウスホイールを回転

フレームを1コマずつ移動でき、カレントフレームの微調整ができる。

複数オブジェクトの設定の一括調整

  • altキーを押しながら数値入力やオンオフなどボタンクリックをする

選択中のオブジェクト全ての値が変更できる。

その他

キーマップ検索

設定のキーマップの検索で、下記のように入力しても検索できる。

  • LMB(レフトマウスボタン) 左クリック
  • RMB(ライトマウスボタン) 右クリック
  • MMB(ミドルマウスボタン) 中クリック

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-Blender
-, , , , , ,

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.