忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

より正確にウェイト値を見る方法【Blender】

Blender

更新日:

3Dビューでのウェイトのカラーグラデーションの調整や、頂点ごとの数値の表示、ウェイトペイント関係のアドオンなど、モデルのウェイト値をより正確に見る方法を紹介する。

オーバーレイの表示を調整する

デフォルトの表示

上の画像はデフォルトの表示。この表示を見やすいように変えていく。

3Dビューのヘッダー → オーバーレイのウェイトペイントの項目を調整する。

  • [ウェイト0]を[アクティブ]にする
    • 頂点グループに割り当てられている頂点のウェイトのみを表示する
  • [不透明度]を[1.0]にする
  • [ワイヤを表示]を有効化

シェーディングとウェイトの色味を間違えないようにする

ヘッダー → 3Dビューのシェーディング → 照明を[フラット]にする。
シェーディングの明暗をなくしてウェイトだけを見れるようにする。
陰影が一切わからなくなるので、場合によって使い分けるのがよさそう。

独自のウェイト色のグラデーションを設定することで、より見やすくする。
上の画像では、ウェイト値最大の1.0の場合は白になり、見分けやすくできる。

  1. 設定 → 編集 → ウェイトペイント → カスタムカラーを有効化
  2. カラーランプの一番右と一番左に微妙に位置の違う色を2つ設定する
    • 青・緑(位置が0.0001)・赤・黄色(位置が0.9999)・白

カスタムカラーを使えば、上記の設定以外にもMayaのような白黒のグラデーションにすることもできる。

ウェイト値0.0は表示できないようだ。
カラーランプはウェイト値0.0を青色に設定しているはずなのだが、青い部分は0.0001のような微量なウェイトが割り当てられている頂点だけしか表示できていない。

選択頂点のウェイト数値を見る

頂点ウェイトパネルにて、選択頂点の持つウェイトの数値と、割り当てられている頂点グループを見ることができる。

  • ウェイトペイント中に頂点選択モード(Vキー)にする
  • プロパティシェルフ(Nキー) → アイテム → 頂点ウェイト

1つの頂点の値しか見ることができない

問題なのが、アクティブな1つの頂点の値しか見ることができないこと。
Blenderには、Mayaのコンポーネントエディタのような、他3DCGソフトにあるウェイトテーブルがない

ちなみに、最後に選択した頂点がアクティブな頂点である。
ウェイトペイントの頂点選択モードでは、どれがアクティブな頂点なのかわからないが、編集モードで見るとアクティブな頂点は白くハイライトされている。

ウェイトテーブル

Lazy Weight Toolアドオンにて、ウェイトテーブルを表示できる。
しかし、この機能に関してはまだ安定しておらず、ローポリモデルには使用できるが、少し多めのポリゴン数の数百頂点でメニューの表示が重くなり、2000頂点以上では確実にBlenderがクラッシュする。

全頂点グループを一度に表示する - Draw Weightsアドオン

すべての頂点グループのウェイトをモデル上に表示するアドオンがある。
詳細は下記の記事にて。

-Blender
-,

Copyright© 忘却まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.