忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

Blender

Blender2.8でテクスチャを設定する方法【初心者向けな説明から高速な設定方法まで】

更新日:

Blender2.8のノードでテクスチャを設定する初心者向けの方法や、プロパティエディタのみでテクスチャを設定する方法・アドオンを使った高速設定方法などを紹介する。

Blender2.8で、Blender Renderが廃止された。そのため、今まではプロパティエディターだけでマテリアル設定できていたが今後はノードを使ってマテリアルの設定する必要がある (プロパティエディタだけでもできなくはないが、今後はシェーダーエディターでの編集を推奨する)

シェーダーエディターでの設定方法

1. シェーダーエディターに変更する

各エディターのヘッダー左側に、アイコンがあるので、そこからエディタータイプを変更することができる。

  • シェーダーエディターに変更する

2. 画像テクスチャノードを追加

シェーダーエディターを開くとすでになにか置いてあるが、 [プリンシプルBSDF] というのがマテリアルのベースみたいなもの。

これに画像を設定するための[ノード(要素)]を追加する。

  • 追加(Shift + A) → テクスチャ → 画像テクスチャ を追加
    • 「検索…」から「画像」と文字列を打って検索してもよい
  • もしくは、 直接シェーダーエディター画面にエクスプローラーなどから画像をドラッグ&ドロップ

3. ベースカラーとカラーを接続して、画像テクスチャに画像を設定する

「これのベースカラーを、画像テクスチャにしますわよ」という設定をする。
あとは好きな画像を選んで、画像テクスチャノードに設定する。

  • [ベースカラー] と、[カラー] を接続する
  • 画像テクスチャの[新規]や[開く]などから画像を設定する

4. 必要に応じて位置変更・回転や、座標変更・使用するUV変更などのノードを追加する

各ノードは「検索…」から日本語で検索することもできる(設定を日本語にしている場合)。

  • マップのスケール(リピート数)・位置変更・回転などの調整するノード
    • 追加(Shift + A) → ベクトル → マッピング
  • 座標をUV以外にするノード
    • 追加(Shift + A) → 入力 → テクスチャ座標
  • 使用するUVを変えるノード
    • 追加(Shift + A) → 入力 → UVマップ

5. PBRテクスチャなど各種マップを設定する場合

気をつける必要があるのは下記。

  • 普通のカラー以外は[色空間] を Non-Color にすること
  • ノーマルマップは、ベクトル → ノーマルマップを間に挟むこと
  • バンプマップは、ベクトル → バンプを間に挟むこと
  • Shift + 右ドラッグ(リルート) により、同じ出力元をまとめることができる
    • 上記画像ではマッピングから伸びる線をまとめている

テクスチャの透過方法

テクスチャの透過方法は下記の記事で紹介している。

プロパティエディターのみで設定する

Blender Renderのように、プロパティエディターのみでもテクスチャを設定することができる。複雑なノードを構築するのは大変だが、簡単な操作であればここでもできる。

  • 1. ヘッダーのシェーディングタイプをルックデブなどに変更する
  • 2. プロパティエディター → マテリアルタブ → 新規をクリック
  • 3. ベースカラーの「・」アイコンをクリック
  • 4. 画像テクスチャを選択
  • 5. 画像を設定する

アドオンで高速設定

Node Wrangler という公式内蔵アドオンを利用することで、テクスチャ関連ノードを素早く一括してセットアップする事ができる。
自分は画像テクスチャノードに関しては全てこれで設定している。

Ctrl + Tで一括設定 (Node Wrangler)

CGrad Project より引用
  1. プリファレンスエディター → アドオン → 検索場所から「Node Wrangler」 と検索して、有効化
  2. Ctrl + T で一括セットアップ
  3. 画像テクスチャノードに画像を設定する

ちなみに、 直接シェーダーエディター画面に画像をドラッグ&ドロップして入れて、 そのノードにCtrl + T で関連ノードを追加することもできる。

複数枚のマップを一括設定 (Node Wrangler)

カラー・メタル・粗さ・ノーマルなどの各種マップを、上記画像のように一括設定することができる。

  1. プリファレンスエディター → アドオン → 検索場所から「Node Wrangler」 と検索して、有効化
  2. Ctrl + Shift + T
  3. ファイルブラウザーが開くので、複数の画像を選択、確定
  4. 自動で対するマップに接続され、ノードが構築される
    1. ファイル名でどんなマップかを判定している
    2. 自分の使用しているファイル名ではうまく行かない場合は、 Node Wrangler アドオンの設定画面の”Edit tags for auto texture detection in Principled BSDF setup” に対する名前を追加する

Node Wrangler についての詳細は、下記リンクを参照すること

Blender Addon Review: Node Wrangler(ノード使い必須) – CGrad Project

-Blender
-, , , , , , , ,

Copyright© 忘却まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.