忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

電脳界覚え書き【遊戯王マスターデュエル】

遊戯王

投稿日:

主に勇者電脳界を想定して、電脳界のカード紹介・動かし方・強み・弱みを覚え書きとして記載する。

電脳界の強み

  • 下級の展開に泡影などの効果無効が効かない。
    • 効果無効系妨害が効きにくいのは大きな強み。
  • 永続罠でフリチェ破壊ができる。
    • 妨害が前後でバラけているため、全ての妨害を踏み越えられにくい。
  • メインギミックで勇者にアクセスできる。
  • ふわんへの回答であるファイナルシグマが出せる。
    • 下級電脳界の一部は風なので、風結界像下でも多少動ける。
  • エルドへの回答であるシェンシェンが出せる。
  • 烙印のミラジェイドや墓地アルビオンを、トレミスM7でバウンスできる。

電脳界カード

イラストと名前が若干似通っているので、カードごとの効果をよく覚えておきたい。

共通効果

間接的に指定するので、発動後にどうしたいかをよく考える必要がある。

  1. 場の電脳界カードを対象にする。
  2. その種類以外をデッキから墓地落とし。
  3. その後、落とした種類以外を(墓地落とし・蘇生・サーチなど)

ルゥルゥ(☆3チューナー)

その落とした種類以外をサーチ。
展開を伸ばすカードとなる。

  • 魔法指定 > 罠落とし > モンスターサーチ
  • モンスター指定 > 罠落とし > 魔法サーチ

ジィジィ(☆3)

エンドフェイズ時に、モンスター墓地回収。
(返しのターンの攻め手回収)

ニャンニャン(☆3)

この電脳界のみ、墓地落とし効果がない。
☆3が出たら、自己墓地蘇生。
除外されたら、除外から1枚デッキに戻す。

リィリィ(☆6)

その落とした種類以外を、墓地落とし。

ラオラオ(☆6チューナー)

その落とした同名以外を、墓地蘇生。

シェンシェン(☆9シンクロ)

場のカードは除外される永続効果持ち。

攻撃時に除外されているカードを墓地に戻す(水遣いを再利用できる)。
これは、シェンシェン以外の自分のモンスターが攻撃しても発動できる。

返しのターンに2種モンスター除外で自己蘇生できる。

ファンファン(X6エクシーズ)

2コスト、表1・墓地1枚を除外。
戦闘・相手効果破壊時、同種族属性2体をデッキからSS。

ヂウロン(通常魔法)

電脳界永続魔法罠を貼る。
これで主にチュチュエを貼る。

チンロン(永続魔法)

墓地電脳界を除外して、場のモンスター効果1ターン無効(こちらの効果はほぼ使わない)。

墓地効果で、電脳界カードサーチして、1枚手札捨て。

主に電脳界モンスターの墓地落とし効果でこれを落とし、墓地効果でサーチして展開を伸ばす。

チュチュエ(永続罠)

除外されている電脳界カード2種類をデッキに戻して、フリチェで表側1破壊。
これのコストが確保できるように動くこと。

墓地効果で、1体のレベルを3レベル分増減させる。

シェンウー(永続罠)

表示形式変更(こちらの効果はほぼ使わない)。

墓地効果で、1体蘇生して、1枚手札捨て。

展開

  1. ルゥルゥサーチ効果で、展開を伸ばす。
  2. 電脳界モンスター効果で、チンロンを落とす。
    • チンロン墓地効果でモンスターサーチし、展開を伸ばす。
  3. まず☆6を2体立てる。
    • 3 + 3 シンクロで☆6チューナーチャージウォーリアー1ドローを立てられる。
    • チュチュエのレベル変動墓地効果で、☆3を☆6にできる。
  4. 6 + 6エクシーズでベアトリーチェを立て、効果で水遣いを落とす。
  5. 勇者展開をして、勇者とグリフォンを出す。
  6. 勇者 + ラオラオ or グリフォン + ルゥルゥで☆10シンクロ、バロネスを立てる。
  7. 余裕があればさらなる展開をする。
    • ジウロンでチュチュエを貼る。
    • シェンシェンを立てる。
  8. 相手ターンベアトリーチェ効果で、シラユキを落とす。

弱点

  • あくまで2枚初動。
  • 場に指定する電脳界カードがある必要がある。
  • 対象耐性の除去が苦手。
  • 完全耐性が突破できない。
  • 3000より高いモンスターに、打点で勝てない。
  • 効果無効系妨害は下記程度。
    • グリフォンライダー・VFD・バロネス。
  • できる展開手段が多く、頭を使う。

-遊戯王

Copyright© 忘却まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.