忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

ジオメトリーノードでUVマップを利用する方法【Blender / ジオメトリーノードでのディスプレイスメント】

Blender

投稿日:

UVMap's in Geometry Nodes - Blender 3.0 Tutorial - YouTube

ジオメトリーノードでメッシュのUVを利用する方法を紹介する。

UVマップを利用する方法

自分でジオメトリーノード内で利用する要素を、モディファイアの画面から指定する必要がある。

  1. ジオメトリーノードのグループ入力に、ベクトルの新規ソケットを追加する。
    • ベクトル(青色)のソケットをグループ入力ノードに接続するとすぐに作ることができる。
  2. モディファイア画面の方で、指定のUVマップの属性名を指定する。

応用 - ディスプレイスメント

同じUVを利用することができるため、シェーダーノードのジオメトリーノードのテクスチャを一致させることができる。
上画像では、ジオメトリーノードのみでディスプレイスメントモディファイアと同等のことを実現している。

  • ベクトル演算ノードの[乗算]で、スケールを調整することができる。
  • ベクトル回転ノードで、回転を調整することができる。

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-Blender

Copyright© 忘却まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.