忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

ノーマルマップのベイク結果が黄色くなる問題の原因と解決法【Blender】

Blender

投稿日:

原因:面が裏返っている

ノーマルマップは画像中央のような青ベースの色になるが、ベイク元モデルの法線が反転してしまっていると、画像左のように黄色くなる。
ベイク元のモデルのノーマルを修正すれば解決する。

  • メッシュ > ノーマル(Alt + N) > [面の向きを外側に揃える](Shift + N)
  • 裏返っていないか目視で確認するには、シェーディングビューにて「裏面を非表示」を有効にして、モデルを裏面で作ってしまっていないか確認するとよい。
  • ベイク元モデルがカーブの場合、カーブのベベルオブジェクトにしているカーブを編集モード内で180度回転させれば、法線方向を逆にすることができる。

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-Blender

Copyright© 忘却まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.