忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Save Cams】カメラ情報の保存・再読み込み、一括レンダリングできるアドオン【Blender】

Blenderアドオン

更新日:

カメラの位置・設定を保存し、再読み込みができるアドオンを紹介します。
複数のカメラやアドオンのカメラリストを利用した一括レンダリングができます。
複数レイアウトの管理やレンダリングの効率化が可能です。

ダウンロード

gumroad

BlenderMarket

Booth

Blender2.79ver 

 保存・読み込み

カメラやレンダリングに関係する様々な情報を、リストのアイテムとして保存、読み込みができます。

保存できる情報

赤枠のボタンから現在の様々なステータスをリストに保存できます。
トランスフォームや、フレーム範囲・解像度だけを保存・読み込みすることもできます。

  • + ボタン
    • カメラデータ・カメラのトランスフォーム・被写界深度を保存します
    • レンダリング解像度・フレーム範囲も同時に保存されますが、読み込み設定が無効で保存されます
  • カメラデータ
    • カメラタイプのステータスや被写界深度などカメラの情報を保存できます
  • トランスフォーム
    • アクティブオブジェクトのトランスフォームを保存します
  • レンダリング解像度
    • レンダリング解像度のみを保存します
  • フレーム範囲
    • フレーム範囲のみを保存します

細かな仕様

  • アクティブオブジェクトがカメラの場合は、そのカメラのデータを保存します
    • そうでない場合は、シーンカメラを対象にして動作します
  • どのカメラにも保存した設定を読み込むことができます

読み込み

  • 緑枠の各アイコンから、リストにあるアイテムを読み込むことができます
  • 読み込みが有効な項目のみが読み込まれます
  • 次項目の"Active Item Data"から読み込み設定を表示編集することができます

アクティブなアイテムの情報メニュー

"Save Camera List"の、アクティブなアイテムに格納されている情報を表示・編集できます。

リストアイテムをファイルに書き出し・読み込み機能

リストアイテムのデータをファイルに書き出しし、別の.blendファイルや別のシーンに移行することができます。

.savecamsという拡張子のjsonファイルで保存されます。

  • メニューの場所 …… 右上の∨アイコンのメニュー内
  • 書き出すアイテムを、[アクティブアイテムのみ / 全アイテム] どちらかを選択できます

その他の補助機能

  • 再保存
    • 現在のステータスでリストのアイテムを再保存します
    • リスト内の🔃アイコンからアクセスできます
  • 各アイテムのみにフィルター
  • 複製
    • メニューの場所 …… 右上の∨アイコンのメニュー内

一括レンダリング

一括レンダリングには下記のタイプが用意されています。

アドオンのリストのカメラデータ

  • Save Camera Listの全アイテムをレンダリングします
  • シーンカメラを利用してレンダリングされます
  • リストのレンダーアイコンが無効なアイテムは、レンダリングされません

選択カメラ

  • 選択されているカメラをレンダリングします

指定コレクション内のカメラ

  • 指定コレクション内にあるカメラのみをレンダリングします

現在のシーンのカメラ

  • 現在のシーンに存在する全てのカメラをレンダリングします

全シーンのシーンカメラ

  • 各シーンごとのシーンカメラ1つずつをレンダリングします
  • このオプションでの出力ファイル名などは、通常のレンダリングと同じように各シーンの出力設定が利用されます
  • シーンカメラが設定されていないシーンの場合はスキップされます

リストアイテムとオブジェクトカメラのリンク

[Selected / Collection / Scene]でのバッチレンダリングする際に、カメラオブジェクト名とSave Camera Listのアイテム名が同じリストの情報をカメラに読み込む機能を追加しました。
オブジェクトカメラでも、解像度やフレーム範囲を変更しながらレンダリングすることができます。

使い方

  1. リストを作成し、鎖アイコンを有効にする
  2. カメラオブジェクト名とリストアイテム名を同じにする
  3. バッチレンダリングのタイプを[Selected / Collection / Scene]のどれかにする
  4. バッチレンダリングを実行
    • 各カメラのレンダリング前に、リストアイテムの情報が読み込まれます

一括レンダリングの仕様

  • 保存されるファイル名は、アイテム名・もしくはカメラ名になります
  • カメラオブジェクトやリストアイテムの、レンダリングアイコンが有効になっているアイテムのみレンダリングされます

注意点

  • シーンカメラの位置や焦点距離などにキーフレームがある場合、正しく機能しません
  • その場合は、アニメーションを付けているチャンネルを「ミュート」してください

オブジェクトカメラのリスト

カメラオブジェクトの情報を確認できます。

  • フィルター機能
    • 選択・カレントシーン・全カメラでのフィルター
    • 正規表現での名前のフィルター
  • シーンカメラの切り替え
  • リストからカメラを選択
  • その他のステータスの表示
    • 焦点距離
    • 選択可否
    • 表示状態
    • ビューポート表示可否
    • レンダー可否

フレーム範囲の切り替えメニュー

Save Camera List 内の、フレーム範囲のアイテムだけを表示し、保存した範囲にすぐさま切り替えられるメニューを追加しました。

  • メニューの場所 …… ドープシートエディター → サイドバー(Nキー) → "Frame Range" パネル

詳細なレンダリング情報メニュー

レンダリングに関係する情報を一括して閲覧できるメニューを追加しました。
現在のシーン・全シーンの情報を確認できます。

  • [レンダー → 寸法パネル]を置き換えて、より多くの情報を表示します
  • 設定で無効化できます

リリースノート

Couzar Michel氏の作成したアドオンを、私がBlender2.8にアップデートし、機能追加・改善をしました。
カメラ情報の保存・読み込みだけだった機能に、バッチレンダリングやより細かな設定を追加しました。

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-, ,

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.