忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Lazy KeySet】キーフレームのステップ化や2点のキーフレームアニメーションを簡単に作成するアドオン【Blenderアドオン】

Blenderアドオン

更新日:

キーフレームやNLAのステップ化や整列・多数の細かなユーティリティにより、一括処理が必要なアニメーションの作成をサポートするアドオンを紹介します。

動画

ショートバージョン

ロングバージョン

ダウンロード

gumroad

Blender Market

メニュー

  • パネル:3Dビュー > Addons > Lazy KeySet
  • Sync Key Tools
    • パネル:3Dビュー > ポーズモード > サイドメニュー(N) > Addons > Sync Key Tools
    • ポップアップメニュー:Alt + Shift + D
      • [OK]を実行した場合、[キーフレーム挿入]が実行されます。
      • これはキーマップ設定にて、[キーの削除]に変更できます。

キーマップ

キー機能
ポップアップメニューAlt + Shift + D
なし全ての子ボーンを選択
選択ボーンの子ボーンを一括して選択します。
なし全ての子ボーンを選択(拡張)
Shift + L 全ての子ボーンを選択(拡張)
Shift + Alt + Ctrl + ← / →フレームオフセット(循環)
Shift + Alt + Ctrl + ↑ / ↓キーフレームにジャンプ(循環)
なし移動・削除・コピー・ペーストなど
Sync Key Toolsの各種機能のキーマップです。
なしキーフレームを移動(前方[All/All]オプション)
パネルメニューの設定に関わらず、
常に全ボーン・全シェイプキーを対象とします。
なしバインドメッシュ/アーマチュアを選択切り替え
すばやくポーズとオブジェクトを切り替えるのに便利です。

デフォルトでは未割り当てのキーマップが用意されています。
アドオン編集画面から必要に応じて追加できます。

Blenderのキーマップ設定画面からは、「lazy_keyset」と検索すれば全て表示されます。

ステップ化

選択されているキーフレームを階段状に移動します。
各アクションごとに移動します。

  • アクション内でのみ実行
    • 1つのアクション内のデータパスで階段を作ります

Sync Key Tools

オブジェクト名リスト機能を利用して、意図した順序で階段状にすることができます。
Blenderには選択順序がないため、意図した順番で階段状にできない問題を解決します。

  • 選択オブジェクトリストを使用 を有効化し、選択アイコンをクリックして選択を開始します。
    • Shift + クリックでリストに追加選択
    • なにもないところをクリック/Escで終了
    • テキストを削除することでリストを初期化できます。

ドープシート上でのキーフレーム選択を介さずにキー編集するキー操作ツールです。
指定の範囲やカレントフレームを対象に編集します。

シェイプキーと同名ボーンを編集することで、同時に同じ操作を行うことができます。
これにより、ドライバーを使わず間接的にシェイプキーのキー編集を行うことができます。

  1. 「シェイプキー名のボーンを作成」機能にて、同名のボーンを一括作成します。
  2. 「キー挿入」機能にて、ボーンの各種トランスフォームにキー挿入しつつ、同名シェイプキーにもキーフレームが挿入されます。
    • デフォルトでは、回転Zの値 0~90° が、シェイプキーの値 0.0~1.0 と解釈されます。
  3. キーの移動・コピペ・削除機能が利用でき、これらの機能でも同名シェイプキーのキーフレームを同じように操作されます。
  4. 操作対象のキーは、カレントフレームか指定範囲ごとにボタンが用意されています。

シェイプキー名のボーンを作成

実行すると、アクティブなフォルダーシェイプキーと同名のボーンが、カーソル位置に追加されます。

ボーン配置位置は、ボーン位置間隔オプションから調整できます。

  • ボーングループに追加
    • "shape_keys"ボーングループに追加されます。
  • 長さはアクティブ選択しているボーンと同じになります。

キー操作ツール

移動・コピー・削除のボタンは、[カレントフレーム](緑)または[指定された範囲](赤)ごとに用意されています。
範囲は左下部分から設定できます。

操作するデータの対象は、後述のオプションに従います。

各種機能

キー挿入

キーフレームを挿入します。
対象のトランスフォームやボーンは、オプションに従います。

デフォルトでは、全てのトランスフォームの全ての軸、全ボーン・全シェイプキーに対して、キーフレームを挿入します。

  • デフォルトでは、同名ボーンZ回転の0~90°が、同名シェイプキーの値0.0~1.0となります。
    • (アドオン設定から他のトランスフォームと軸を対象に変更できます)
  • シェイプキーに作成されるキーは、[ブレイクダウン](青色)になります。

移動

  • キー移動(現在より前)
    • カレントフレームより前にある全てのキーを、1フレーム移動します。
  • キー移動(カレントフレーム)
    • カレントフレームのキーを、指定の値だけ移動します。
    • 空フレームで実行した場合は、キーを削除しながらフレームを進みます。
  • キー移動(範囲)
    • 指定されたフレーム範囲のキーを、指定の値だけ移動します。

削除

  • キー削除(カレントフレーム)
    • カレントフレームのキーを削除します。
  • キー削除(範囲)
    • 指定範囲のキーを削除します。

コピー・ペースト

対象の範囲をアドオン内のクリップボードにコピーします。

貼り付けは、範囲をコピーした場合は、現在のフレームから前の範囲を貼り付けます。
貼り付け先の範囲にキーフレームがある場合は、事前に削除されます。

ループFカーブモディファイアの追加・削除

対象の全てのFカーブに、Fカーブモディファイアを追加します。

  • 最初のキーが、最後のキーにコピーされます。
    • これにより、動きがスムーズにループします。
    • 実行後オプションから無効化できます。
  • Fカーブモディファイアの削除は、デフォルトではすべてのFカーブモディファイアを削除します。
    • 実行後オプションから削除するタイプのみに変更できます。

アンドゥ・リドゥ

このキー操作ツール内の機能を直前に実行した場合にのみ、[やり直し]・[元に戻す]を実行します。
(挿入・削除・移動・コピー・ペースト・ループ追加/削除のみ)

オプション

各種キー機能で対象とするデータを指定します。

ボーン

  • ボーン:選択
    • 選択しているボーン
  • ボーン:子
    • 選択ボーンとその全ての下階層のボーン
  • ボーン:全ボーン
    • ポーズモード中にある全てのボーン

シェイプキー

実行したボーンと同名のシェイプキーに対して、同じキー操作を行うオプションです。
ポーズモード中にシェイプキーの値を間接的に操作したい場合を想定しています。

対象となるシェイプキーは、アーマチュア関連付け済みのメッシュオブジェクトのシェイプキーです。

  • シェイプキー:なし
    • シェイプキーに対して、なにも操作しません。
  • シェイプキー:同名
    • 対象ボーンと同名のシェイプキー1つに対して、同じキー操作を行います。
  • シェイプキー:同名フォルダー内
    • 対象ボーンと同名のシェイプキー用フォルダー内の、全てのシェイプキーに対して、一括して同じキー操作を行います。
    • Lazy Shapekeysアドオンで作成されたシェイプキーフォルダーが必要です。
  • シェイプキー:全シェイプキー
    • 全てのシェイプキーの対して、一括して同じキー操作を行います。

その他

  • 補間
    • キー挿入する際の、キーフレームの補間オプション
  • トランスフォーム
    • 挿入対象となる位置・回転・スケールごとに、XYZ軸が用意されています。
    • トランスフォーム名のボタンを押すことで一括切り替えできます。

2点間キーフレームをセット

位置・回転・スケールがアニメーションする終始キーフレームを挿入できます。
アニメーション間隔・ディレイ・キーフレーム補間・イージングなどを設定できます。

デフォルトでは、カレントフレームにキーを打ち、10フレーム後に指定の値にトランスフォームが変化するアニメーションが作成されます。

オペレーター実行後にアニメーション再生しながら設定を調整することができます。

オプション

  • フレームのオフセット
    • 終始キーの間隔
  • フレームの反転
    • 終始キーを反転します
  • ディレイ
    • 複数のアイテムをランダムに遅延させます
  • 処理順番を反転
    • ディレイの順番を変えたいときに便利です
  • キーフレーム調整オプションを使用
    • このオプションが有効であり、アニメーションプレイ中にオプションを変更するとBlenderがクラッシュする可能性があります。
    • キーフレーム補間
      • キーフレーム補間を設定します
      • グラフエディターのT キーと同じ内容です
      • 「スペシャルイーズ イン/アウト」では、強いイーズイン・アウトになるようにハンドルが補正されます。スペシャルイーズには下記のイージングオプションは反映されません。
    • イージング
      • イージングを調整します
  • 高度な設定
    • トランスフォームと軸を個別に設定することができます
  • プレビュー範囲を使用
    • フレームの開始・終了を、作成したキーフレームの終始に設定します
    • 作成したアニメーションの確認がしやすくなります。調整後はオプションを無効化することで元のフレーム範囲に戻すことができます
    • オペレーターの事後設定内にのみオプションがあります

既知の問題

キーフレーム調整オプションが有効であり、アニメーションプレイ中にオプションを変更するとBlenderがクラッシュする可能性があります。

アップデート履歴

ver1.3.16 Sync Key Toolsに高速化オプションを追加・バグ修正

2022-08-02

ver1.3.11

2022-07-21

ver1.2.0

2021-04-28

ver1.1.0

2021-02-23

追加

  • ステップ化にて、ポーズボーンのアニメーションを処理できるようにしました
  • 処理順番を反転オプションを追加しました
    • ディレイの順番を変えたいときに便利です

変更

  • メニューを変更しました。オプションメニューを折りたたみました
  • アドオンファイルを複数ファイル構造にしました

バグ修正

  • キーフレーム設定機能にて、プレビュー範囲オプションの処理を改善し、低負荷化しました
  • キーフレーム調整オプションはデフォルトで無効化しました
    • ユーザー設定を有効にすることで利用できます
    • このオプションが有効であり、アニメーションプレイ中にオプションを変更するとクラッシュする可能性があります

ver1.0.0

2021-02-14

公開。

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-,

Copyright© 忘却まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.