忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Lazy Image Denoiser】ノイズのある大量の画像を一括デノイズするアドオン【Blenderアドオン】

Blenderアドオン

更新日:

Blenderのコンポジットエディターのデノイズノードを利用して、複数の画像からノイズを一括除去するアドオンを紹介します。
大量のレンダリング済み画像やベイク画像のノイズを除去するのに便利です。

注意点

Blender3.0では、結合ベイクのみデノイズが反映されるようになったため、今後結合のベイクにおいてはこのアドオンは不要です。
(プロパティエディター > レンダー > サンプリング > レンダー > デノイズが有効で、結合ベイクの場合のみ)

ダウンロード

gumroad

Blender Market

メニュー

  • 設定 > Lazy Image Denoiserアドオンの設定
  • 3Dビュー > サイドメニュー(N) > Addons > Lazy Image Denoiser
  • コンポジターエディター > サイドメニュー(N) > Addons > Lazy Image Denoiser

3つの場所からアクセスできます。
アドオン設定以外からメニューを除去したい場合は、アドオン設定の[Tab Category]の文字を削除してください。

使い方

  1. [画像読み込み & デノイズノードをセットアップ]から、デノイズしたい画像を読み込みます。
    • 自動でコンポジットノードにでノイズノードと出力ノードがセットアップされます。
  2. [デノイズレンダー] を実行して、レンダリングすればデノイズ済み画像がファイルとして出力されます。

オプション

ノーマルパス/アルベドパスを読み込む

デノイズノードでは、ノーマルパス・アルベドパスがあるとよりディテールを潰さずにデノイズすることができます。

ノーマルパス・アルベドパスの画像がある場合は、それぞれの読み込みオプションを有効にしてください。
一括読み込み時に、[デノイズ対象ファイルの名前 + 特殊名]が一致する画像ファイルを探して、自動で設定されます。

デノイズ対象ファイル名がhogeなら、"hoge_normal"がノーマルパスのファイル名になります。

ベース名から除外する名前

他のパスを読み込む際にベース名を取得するためのオプションです。
デノイズ対象ファイル名が"ベース名_combined"のようになっていて、ベース名だけを抽出できない場合、除外する名前を指定します。
正規表現が利用可能です。
(デノイズ対象の画像に不要な文字がついていない場合は設定不要です)

レンダリング

コンポジットノードを処理させるために、ダミーレンダリングを最低画質で実行します。
保存した画像ファイルの上書きも行います。

通常のレンダリングでもファイル出力されますが、最低画質での3Dビューの低コストレンダリングとファイル名の自動変更を処理されるためこちらを利用してください。

上書きオプション

上書きオプションでは、既存のファイルを上書き保存します。
出力したファイル名にフレーム番号(0000など)が付いてしまうため、これを除去して強制的に上書きしています。

注意点

ノード構築では、コンポジットノードを上書きします。
出力ノードを実行するために一度通常のレンダリングをする必要があるため、重いシーンでレンダリングすると無駄に時間がかかります。
シーンに影響させたくない場合は、新規シーンでノード構築してレンダリングしてください。

アップデート履歴

ver1.0.1 ダミーレンダー機能で上書きが失敗する問題を修正しました。

2021-11-10

ダミーレンダー機能で上書き(フレーム番号を除去するリネーム)が失敗する問題を修正しました。
time.sleep()が不要となったので若干早くなりました。

ver1.0.0

2021-11-10

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-

Copyright© 忘却まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.