忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Lattice Magic】カメラ視点からラティスを利用した形状調整ができるアドオン【Blenderアドオン】

Blenderアドオン

投稿日:

カメラ基準でメッシュを変形することができるアドオンを紹介する。
魚眼レンズ表現やカートゥーン的な誇張表現を行うことができる。

After Effectsでいうメッシュワープエフェクトのような使い方ができる。

作者の動画はこちら ↓

Blender Cloud - Sprite Fright

ダウンロード

GitLab

メニュー

  • 3Dビュー > サイドバー(N) > Lattice Magic

カメララティスの使い方

  1. 「+」で新規アイテムを追加
  2. 変形したいオブジェクトが入っているコレクションと、対象のカメラを設定する
  3. "Generate Lattice"を実行して、ラティスオブジェクトを作成する
    • コレクション内のすべてのオブジェクトにラティスモディファイアが設定される
    • カメラの範囲に収まるようにラティスが新規作成される
    • ラティスはカメラに親子付けされるため、カメラを動かすと変形も動くので注意

プロポーショナル編集を使いながらラティスを編集すると、なめらかに変形させやすい。

その他

ラティス作成後は、メニュー下部にラティスのシェイプキーを調整するメニューが追加される。
このシェイプキーの値にキーを打ってアニメーションさせることができる。
(プロパティエディターにあるラティスのシェイプキーのメニューと同じ)

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-

Copyright© 忘却まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.