忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

ネットから正しく情報を得る【インターネットの情報リテラシー】

その他

投稿日:

昨今では誰でもネットにアクセスできるが、正しく情報を得て自分で取捨選択すること。

特に医療やニュースなど、人々の関心が高いカテゴリーは情報が錯綜しがちなので注意が必要。

情報の信憑性を確認する

全く違う情報源から同じ事実を確認して、信憑性を高める。
複数の意見を見ることで情報の確度が高まる。

  • 引用元を確認する
  • 公式サイトを確認する
  • 複数のサイトの情報と比較する
  • ネット以外の情報と比較する
  • 公的機関や大学などのドメインの情報を見る

気をつけるべきこと

  • 引用元
    • 引用元がなければ発信者が言っていることの裏付けができない
  • 匿名サイト
    • 匿名では無責任な発言が多い
    • 引用元がない情報は信用しない
  • SNS
    • 半匿名や実名のアカウントであっても、その情報発信者が正確な情報を投稿しているとは限らない
  • 大手サイト
    • 検索結果には、企業の大手サイトなどがよく出てくるが、検索上位だから正しい情報とは限らない
    • 大手サイトでも実際の発信者は個人であることも多い
  • まとめサイト
    • 匿名サイトの情報を大げさな表現でまとめあげるサイトが多い
    • 匿名であり、引用元がなく、信憑性よりも閲覧数稼ぎを重視しているサイトが多い
    • ゲーム系迷惑サイトとも言われる
  • 大げさな表現
    • 悪質なサイトは、見る人が興味を引くように大げさな表現を使いたがる
    • 大げさな表現やまだ不確定なものを断言するような見出しは疑う
  • インタビュー
    • 意見が捻じ曲げられていないか
    • 賛成意見と否定意見の両方があるか
  • スクリーンショット(スクショ)
    • 画像は簡単に捏造することができる
    • スクショはすぐに見やすいが、記載されている引用元の方を見ること
    • 引用元がなければ情報を疑う
  • 専門家
    • 専門家は本当にその情報に対する専門家か
  • 芸能人・有名人
    • 「芸能人・有名人がやってるから」は良いことの保障になりえない
    • (後光効果/ハロー効果)
  • 人気度
    • 多くの反響を得ているからといって、その情報が正確とは限らない
    • 例えば、Twitterのいいね・RT数が多くてもそれが正しいとは言えない

情報の発信者を見る・バイアスを考慮する

記事は必ず誰かが作っている。
その誰かには何らかの意図があってネットに情報を公開している。
(ある商品を売るため・主義・主張を布教するため・記事のビュー数を稼ぐためなど)

そして、情報は発信者の主観・記事内容への自身の賛否の意見に偏る。
公平に書かれることはあまりない。
書き手自身や、メインのターゲット層・業界・スポンサー・影響力のある国などが不利になることや批判は書かない。
極端な場合では、作為的な情報の選択・意図した結論に誘導するなど。

発信者の立場を理解した上でバイアスはあるものとして、事実と発信者の意見を読み分ける

SNSのコミュニティは自分が作っている

SNSは自分でフォローする人を決めているため、情報が偏りがちになる。
他のサイトでも利用者が好ましい情報・広告を出すように作られている。
自分から見えるネットの世界が、世界のすべてと誤解しないように。

鵜呑みにしない

情報はどこまでいっても「高い確率で信用できる」であって、「ここの情報は絶対に正しい」ということはない。
他人から出されたものを鵜呑みにせず、結論は自分で決める。

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-その他
-

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.