忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Blender】リアルタイム編集できるモーショントレイル制御アドオン【MotionTrail3D】

Blenderアドオン

更新日:

GuiltyGhost 氏の開発した、リアルタイムに編集できるモーショントレイル制御アドオンを紹介します。

主に BlenderArtists の内容を翻訳したものを掲載します。

ダウンロード

MotionTrail3D - gumroad

2020-01-22現在では $20

機能

ctrl_world_xform

再生しながらキーフレームを視覚的に制御できます

  • アニメーション再生中、3Dトレイルもリアルタイムで更新される
    • オブジェクトとポーズの両方のボーンアニメーションをサポート
  • 通常の方法でコントロールを選択し、移動・回転・拡大縮小・元に戻す・やり直すなどが可能
  • アドオンによりモーショントレイルを作成すると、3D空間にエンプティオブジェクトとしてコントローラーが作成される
  • タイムラインプレビュー範囲を使用して、アニメーションのどの部分を表示するかが決定されます
  • 快適さはPCや再生されるアニメーション・リグ・レンダリングfpsなどに左右されます
    • 30fpsは、アニメーションの再生中の編集に最適です
  • キーの作成と削除は、通常のBlenderの手段で行う必要があります
  • グラフエディタで直接変更を行うと、ビューポートのトレイルも同期されます

トラッキングポイント

各種回転の制御

XYZ軸の3つの追跡ポイントを作成して、方向を追跡します。
オイラーおよび四元数回転モードのみがサポートされています。
クォータニオンコントロールのスケーリングは、キーを介した補間に影響します。

注:回転コントロールは、独自の時間コントロールとしても機能します。それらを画面の左/右にドラッグすると、リタイミングされます。

回転のオプション

rotation_compatibility

より良い回転互換性制御のためのさまざまな回転書き込みモードもあります。

これらのオプションは、書かれた回転が指定されたターゲットから180度を通過するのを防ぎます。Extendedを使用すると、180を超えて回転することができ、特定のキーまたはハンドルに対して相対的ではありません。タイムラインフレームは、現在のフレームで180度の制限で回転曲線をサンプリングします。

相対的親子付け

トレイルを相対的に表示するオブジェクトまたはボーンを選択できます。
カメラ空間の編集に便利です。

FCurveモディファイヤに対応

最後に重要なことですが、FCurveモディファイヤの効果を確認できます。
アドオンは、レンダリングされたポイントの曲線をサンプリングします。任意の修飾子の効果を見ることができます。

Blender標準機能との比較

Blenderの標準機能としてもモーショントレイルは存在するが、アドオンはより高機能になっている。

Blender標準機能
(モーションパス)
MotionTrail3Dアドオン
直接編集
ビューポートのトレイルからキーを編集できる
再生中に編集
更新
キーフレームが変更されるたび、再度ベイクする必要がある

自動更新
データ
表示にのみ存在し、データとしては生成されない

エンプティオブジェクトとしてシーン内に生成される

注意点

  • 効率を上げるため、トレイルターゲットのローカルチャネルへの変更のみがリアルタイムで表示されます
    • トレイルターゲットの親階層または制約の依存関係の変更は表示されません。そのような変更を表示するには、証跡を更新する必要があります。例外:ボーン階層の複数のトレイルを作成することにより、他のトレイルを階層依存としてマークし、親で更新することができます。
  • トレイルコントロールを削除しないでください
    • これは未定義の動作です。通常のブレンダー手段でキーを作成および削除できます。例外は、証跡がアクティブな間にファイルを保存した場合です。ファイルをリロードすると、永続化された証跡コントロールを安全に削除できます。便宜上、コレクションを右クリックし、階層を削除します。
  • PCによっては、アニメーションの再生中、特に60fpsでコントロールを変換できない場合があります。
  • コントロールをアニメートしないでください
    • アドオンは、未定義の動作を防ぐために、コントロールのアニメーションを自動的に削除します。自動キーイングをオフにします。
  • コントロールはBlenderオブジェクトであり、アドオンによって再利用されます
    • それらのアニメーション化、制約、およびリペアレント化は未定義の動作です
  • ハンドルがフリーで、リタイミングすると、カーブが保持されると述べました。これは、ハンドルの時間が隣接するハンドルまたはキーを渡さない限り機能します。その場合、Blenderは曲線を変更して、単一フレームに複数の曲線値がある場合を防ぎます。基本的に、ブレンダーではループデループを作成できません。リタイミングに関しては、曲線保存特性は失われます。
  • 曲線全体を変換しようとするときは、時間コントロールを選択しないように注意してください
    • アドオンは、リタイムを試みているかのようにこれを扱います。この場合、時間制御を無効にすると便利です。
  • 密なキーは混乱の問題につながります
    • 現在の解決策は、選択同期をオンにしてキーを同期し、グラフエディターとモーショントレイルコントロール間の選択を処理することです。特定のCo、ハンドル、および時間コントロールを個別に非表示にすることもできます。誰かがより良いアイデアを持っているなら、私は提案を受け入れます。

メニュー

  • 3Dビュー->(N)ツールパネル->モーショントレイル3Dタブ

リンク

BlenderArtists

サポート

メール wbmoss_dev @ yahoo.com

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-, ,

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.