忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

テクスチャのUVの切れ目を消す【Substance Painter クローンツール】

Substance Painter

投稿日:

Substance Painterでの、UVの切れ目の修正方法を2つ紹介する。

投影方法を変更する

投影方法にUVではなく、Tri-planar projection を利用する。
キューブ投影のように、6方向から投影する。

ノイズなどの不規則なテクスチャに対しては使いやすい。木目やレンガのような模様だと、投影の境目の合成がうまくいかない。

クローンツールで修正

Photoshopと同じように、クローンブラシを利用して消すことができる。

  1. 通常のレイヤーを追加する
  2. レイヤーのブレンドモードを、Passthrough に変更する
    • Passthroughレイヤーより下のレイヤーの状態が、そのまま追加したレイヤーになる
    • 修正したい全チャンネルを変えること
  3. クローンブラシで、気になる部分を修正する
    1. Vキーと左クリックで、新しい参照位置を設定することができる
修正後

クローンツールは非破壊

Photoshopなどと違うのは、非破壊であるということ。
下のレイヤーの参照位置が変更されれば、クローンした部分も変更される。

そのため、下のレイヤーが変更されるたびクローンレイヤーも更新され、重くなるので注意。クローンに使う下のレイヤーを絞るか、あまり上の階層でクローンを使わない方がよい。

-Substance Painter
-, , ,

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.