忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Lazy Shapekeys ver1.0.36 アップデート】シェイプキーのフォルダ分け機能を追加【Blenderアドオン】

Blenderアドオン

更新日:

シェイプキーのフォルダ分け機能を追加しました。
シェイプキーの整理やフォルダーごとの一括操作で、よりシェイプキーを管理しやすくなります。

(ver1.0.3~ver1.0.35は、内部的にアップデートしていたので欠番です)

ダウンロード

gumroad

Blender Market

シェイプキーのフォルダ分け機能

シェイプキーを整理するフォルダー機能を追加しました。
フォルダー用シェイプキーアイテムを追加することで、シェイプキーを一括管理することができます。

[フォルダー]タブでは、[フォルダーのリスト]と[フォルダー内シェイプキー]の2カラムに分けて表示されます。

[デフォルト]タブでは、通常のリスト内にフォルダーが表示され、▼ボタンにより折りたたみすることができます。

簡単なシェイプキー編集の場合は通常の1カラムリストを使用し、複雑な構造のシェイプキーを編集する時は2カラムのフォルダー表示を利用します。

新規グラフエディターウィンドウを開くボタン

シェイプキーのFカーブを調整する新規ウィンドウを表示します。

新規ウィンドウを表示し、シェイプキー名をグラフエディターの検索フィルターに自動追加します。
特定のシェイプキーのアニメーションを詳細に調整したいときに便利です。

  • このウィンドウがすでに表示されている場合は、検索フィルターのみ切り替えます。
    • (検索では、同名のFカーブアイテムも検索結果に表示されるので注意が必要です)
  • 表示時のウィンドウサイズは、実行したエディターのサイズになります。

キーフレーム関連の補助機能

キーフレーム一括挿入・一括削除ボタン

メニューの場所:フォルダータブのリストの上のボタン
フォルダ内の全てのシェイプキーに、キーフレームを一括挿入します。

  • フォルダ内の全てのシェイプキーにカレントフレームのキーフレームが打たれている場合は、全てのカレントフレームのキーを削除します。

シェイプキーフォルダ内の一括値リセットボタン(X)

シェイプキーフォルダ内のアイテムの値を、一括してリセットします。

注意点

フォルダ用シェイプキーは、通常のシェイプキーと同じシェイプキーデータです。
フォルダー用のデータが、頂点グループオプションの中に格納されています。

(シェイプキーにはカスタムプロパティを追加することができない仕様のため、このように実装しています)

リストのフィルターは使用できない

  • リスト下部の検索メニュー内の、[名前順にソート]オプションとフォルダー機能は共存できないので、これを有効化すると折りたたみや並び順は無視されます。

その他

  • フォルダー内の一括移動機能は、アイテム数が多いと重いです。
    • (シェイプキーの並び替えは、標準オペレーターを利用するしかないため)

[シェイプキーを左右に分離]機能

原点を中心に、シェイプキーを分離します。
元のシェイプキーの値を0.0にし、変形を左右に分離した.L / .R シェイプキーを2つ新規作成します。

3Dビューから実行した場合、中心となるXYZ軸を変更できます。

極まれにBlenderがクラッシュする場合があるようです。

  • シェイプキー > その他のメニュー内

その他

3Dビュー > サイドバー > Lazy Shapekeysパネルメニューにて、メッシュ編集モードの場合にシェイプキー編集のボタンを表示するようにしました。

Misc Menuアドオンでのサポート

Misc Menuアドオンでもシェイプキーリストが動作するように調整しました。
Lazy Shapekeysアドオンが有効な場合、Misc Menuアドオンのピッカーメニュー内にLazy Shapekeysアドオンのシェイプキーリストメニューが表示されます。

注意点

※ その他のオペレーターは非対応なので注意してください。
これらは対象のメッシュをアクティブ選択してから実行してください。

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-

Copyright© 忘却まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.