忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【IDマップ】質感ごとにマスクを作る【Substance Painter 頂点ペイント】

Substance Painter

更新日:

この記事では頂点カラーを使ったSubstance Painterで利用するIDマップの作り方を紹介する。

IDマップの必要性

同じテクスチャセットの中でも、別の質感で分かれていることがある。
質感を分けるマスクを作るために必要
Substance Painterでは、大抵まず最初に質感ごとにフォルダを作って、それぞれマスクする作業が必要になる。

外部3Dソフトで頂点ペイントする

外部3Dソフトを使うことができるので、多用なポリゴン選択方法を利用して、マスクを作ることができる。

Blenderでの頂点ペイント方法

  • 編集モードで頂点を選択
  • 頂点ペイントモードにする
  • 頂点選択モード(Vキー)にする
  • ペイント → 頂点カラーを設定(Shift + K)を利用して塗りつぶす

ベイクする

デフォルトで有効になっており、Vertex Colorが初期値なので、普通にベイクすればよい。

マスクを追加

  1. 塗りつぶしレイヤーを追加
  2. 黒マスクを追加
  3. Add color serectionを追加

色を指定する

Pick color から、色を指定する。これは、複数個指定することができる。

範囲を調整する

元々グラデーションしている色を使っているため、本来指定したい面よりはみ出てしまう。
この量を調節する。

  • Toleranceを0に設定

逆にHardnessの値を調節して、グラデーションさせることもできる。

輪郭をぼかす

ジャギを消すため、ブラーを追加して輪郭をぼかす。

  1. マスクに Add filter して重ねる
  2. Blurを選択して追加
  3. 値を1程度にする

-Substance Painter
-, ,

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.