忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Lazy Asset Manager ver1.0.0 アップデート】インポート・エクスポート機能の改善【Blenderアドオン】

Blenderアドオン

更新日:

ダウンロード

gumroad

Blender Market

BOOTH

リンク

Blender Artists

ノードグループ書き出しを強化

コンポジットノードとジオメトリーノードのノードグループを書き出すことができるようになりました。
ノードグループでの書き出しに、書き出すノードグループのタイプを選択できるようにしました。

  • マテリアルノード
    • アクティブオブジェクトのマテリアルのアクティブなノードグループを対象にします
  • コンポジットノード
    • コンポジットノードのアクティブなノードグループを対象にします
    • [画像をパック]オプションに対応しています
  • ジオメトリーノード
    • アクティブオブジェクトのアクティブなジオメトリーノードモディファイアのノードグループを対象にします

インポートを強化

  • [カーソル位置に追加]オプションを追加しました
    • データタイプ'オブジェクト'でのインポートの場合、オブジェクトをカーソル位置に追加します。
    • 子を持つエンプティまたは子を持つオブジェクトがある場合、それを中心にカーソル位置に移動します(オフセットオプションなしのカーソル位置へ移動)。
  • マテリアルの読み込みにて、マテリアルが既にあるなら編集中の選択部分に割り当てるようにしました。
  • パーティクルの読み込みにて、アクティブオブジェクトにパーティクルを割り当てるようにしました。

コレクションの改善

[コレクション]データタイプでの書き出し・読み込みの改善を行いました。

  • 読み込みにて、blendファイル内のすべてのコレクションを読み込む場合、階層構造があるコレクションを多重に読み込んでしまう問題を修正しました。
    • 一時的にシーンごと読み込んでからシーンのコレクションを読み込むようにしました。
  • 書き出しでのテクスチャのパックオプションにて、全オブジェクト(子コレクションも含む)を対象とするようにしました。
  • 書き出しにて、メニューにコレクション内の全オブジェクト数(子コレクションも含む)を表示するようにしました。

データタイプによる読み込みを改善

[自動のデータタイプで読み込み]オプションが有効の場合、特定フォルダの階層下のデータは指定のデータタイプで読み込まれるようになりました。

例:objectsフォルダ階層下のフォルダはすべてオブジェクトのデータが読み込まれます。

[ファイルパスに固有のタイプを設定]機能

ファイルパスごとに設定されたデータタイプで読み込めるように、ユーザーがフォルダごとにデータタイプを指定できるようになりました。

使い方

  1. ファイルブラウザーのフォルダーをShift + クリックする
  2. [ファイルパスに固有のデータタイプを設定]を実行
  3. メニューが出てくるので、データタイプを指定して[OK]
  4. フォルダーの相対パスとデータタイプがアドオン設定のリストに登録されます。
  • 登録した設定は、アドオン設定 > [固有のデータタイプ]から変更できます。

仕様

  • 設定済みフォルダーの階層下のデータは、指定のデータタイプで読み込まれるようになります。
  • ホームディレクトリからの相対パスで保存されます。
  • フォルダにはデータイプ設定と同じアイコンが付きます。
  • あらかじめ、データタイプと同名のフォルダは同じデータタイプで読み込まれるようになっています。

自動バックアップ

  • [ファイルパスに固有のデータタイプを設定]を実行すると、追加後に毎回バックアップが保存されます。
    • バックアップファイルは、アドオン設定 > 固有のデータタイプ > インポートアイコンから読み込むことができます。
    • バックアップファイルは、下記の場所に保存されています。
    • アドオンフォルダ/lazy_asset_manager/file/backup_unique_data_type.json

その他

  • blendファイルを開いて移動した場合、ファイルブラウザー下部に以前のblendファイルを開くボタンを追加しました。
    • アセットを編集した後、メインの作業ファイルに戻りやすくしました。
    • (以前はデータタイプ[blendファイルを開く]モードでないと表示されませんでした)
  • メニューを変更しました
    • クイックアクセスボタンは廃止し、ホーム・戻るボタンを押しやすくしました。今後はホームディレクトリによく使うフォルダを置くことをおすすめします。
  • 新規フォルダ作成ボタンを追加しました
  • 戻るボタンについて、ホームディレクトリより上の階層にいかないようにボタン表示を制限しました。
  • インポート設定のフェイクユーザーオプションをデフォルトで有効化しました。

バグ修正

その他

  • その他のデータタイプにてパーティクルを書き出した場合の問題を修正しました。
    • フェイクユーザーオプションが有効でも、書き出したblendファイルの保存後にパーティクルで利用しているオブジェクト・コレクション・テクスチャスロットが自動削除されてしまう問題を修正しました。
  • 存在しないデータタイプのhairs・pointclouds・simulationsは除去しました。

アドオンの制作依頼はこちら

-Blenderアドオン
-

Copyright© 忘却まとめ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.