忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

繰り返しループする素材のクリップを作る方法【DaVinci Resolve】

その他

投稿日:

クリップをループ処理にする方法を紹介する。

Fusion コンポジションを作る

  • エフェクト > Fusion コンポジション を、タイムラインに追加する
  • Fusion コンポジションを選択した状態で、画面下部からFusion ページに移動する

Fusion 画面でクリップをループにする

  • メディア > ループさせたい素材を、下のエリアに追加する
  • 素材のプロパティ > Loopオプションをオンにする
  • 画面下部エディットページに戻り、Fusion コンポジションを必要なサイズに調整する

その他の方法

時間にキーフレームを打って、キーをループにする

Fusion ページの、TimeStretcher (タイムストレッチャー) ノードを利用して、好きなフレーム間を指定したループを作ることができる。
(After Effectsのタイムリマップのようなもの)

  • エフェクト > Miscellaneous > TimeStretcher ノードを追加する
    • Shift + スペースから Timeと検索すればすぐに出せる
  • プロパティ > Source Timeに、ループさせたい範囲のキーを打つ
  • プロパティ > Interpolation を、Nearest に変更する
  • スプラインエディターを開き、先ほど作ったキーフレームを選択する
  • 下のボタンから、カーブを繰り返しにする

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-その他
-

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.