忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

サンプラーの違い・全サンプラーの比較【Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版) / Sampler】

AIアート

更新日:

画像生成AIでは様々なサンプラーが選べ、それぞれ絵の結果だけではなく速度やステップごとの挙動が違うなどの特徴がある。

結果だけはなくステップごとの挙動・速さ・特徴などで選ぶのがよさげ。

ベースとなる絵

下記のようなプロンプト・同じシード値で全サンプラーを比較してみる。

プロンプト:ロリ、ナース、青髪緑目で羽根の生えた、小さな胸、ベッドに座っている、病室、背景に森と街

((((masterpiece)))), high quality, very high resolution, large filesize,
1girl,solo, (pale blue hair), very long hair, messy hair,
((((loli)))), ((small breast)),
nurse clothes, white narse,
cosplay, nurse hat,
(white wings on waist),
sitting on bed,
Room with outside view
hospital room
Distant trees and town,
[[green eyes]]
Negative prompt: lowres, bad anatomy, bad hands, text, error, missing fingers, extra digit, fewer digits, cropped, worst quality, low quality, normal quality, jpeg artifacts,signature, watermark, username, blurry, artist name, multiple legs, malformation, close up,
large breast,
Steps: 20, Sampler: Euler a, CFG scale: 7, Seed: 1718483684, Size: 512x768, Model hash: 6569e224, Clip skip: 2, ENSD: 31337

X/Y Plot機能を使って一括書き出しして検証する

X/Y Plotを使うことで、違う設定で一括書き出しをすることができる。

  • txt2img画面左下の、Script > X/Y Plot
  • 項目を"sampler"に切り替える
  • 下記の内容を追加する。

Euler a,Euler,LMS,Heun,DPM2,DPM2 a,DPM++ 2S a,DPM++ 2M,DPM fast,DPM adaptive,LMS Karras,DPM2 Karras,DPM2 a Karras,DPM++ 2S a Karras,DPM++ 2M Karras,DDIM,PLMS

X/Y Plot機能にてSampler変更が反映されないバグがある場合は、下記の方法で解決する(2022-11-25時点)。

検証画像

全サンプラーの比較(クリック推奨)。

サンプラーの使い方としては、「最初はDDIMやDPM++2Mなどの早いサンプラーを低解像度で回し、いい構図を見つけたらKarrasをいくつか試してみて好きな絵を見つける……」みたいな感じがよさそう。

特にこだわりがないならEuler系の絵が変わらないサンプラーを1つ決めて使えばよいか。自分はDPM++2Mを使ってみている。

詳細

  • ステップ数で絵が変わる系統がある。
    • 後ろに小文字の a(Ancestral) がつくサンプラーはステップ数を上げると絵が変わる。
    • 気楽に使う分には良さげだが、ステップ数でディティールを詰められないのが難点。
    • その中で処理が早いのがEuler a
    • 上画像緑文字。
  • 絵柄が安定して、ステップ数でディティールをあげることができる系統がある。
    • ただ、全く絵が変わらないわけではなく、ポーズや顔つきが変わることはある。
    • こだわった絵を作りたい時はこちらの中から選ぶのがよさそう。
    • 上画像オレンジ文字。
  • 最初のガチャでは、処理が早いものを使うとよい。
  • Karrasはその名の付いたサンプラーの改善系で、ノイズが減ってシャープな絵になるらしい。
  • 構図は、大雑把にEuler a・Eulerの2つの系列に分かれている模様。
  • Euler a, Euler, LMS, DPM++ 2M, DMP fast, LMS Karras, DPM++ 2M Karras, DDIM, PLMS
    • これらは処理が早い。
  • DDIM と PLMSでは、x AND x 構文を使用することができない。
  • Euler a
    • ほかと比べてディティール薄めでコントラストの優しい絵になりがち?
  • DPM fast
    • 低いステップ数ではまともな絵にならない。
    • 上画像では、50ステップ版も生成した。
    • Euler a系列の構図に、パキっとした塗りになっている。
  • DPM adaptive
    • 特に遅い。
    • このサンプラーは、ステップ数に関係なく動作する(1stepも100stepも同じ結果になる)。

参考

Waifu Diffusion で効率的に画像を生成する

hypernetwork込みでの比較

hypernetworkありでも比較してみた。
元絵と比べて Euler 系の絵ではキャラが大人になってしまっている。
絵としてはEuler a、DPM++ 2M Karrasがよさげ。
(使う.ptファイルによっても変わりそう)

-AIアート

Copyright© 忘却まとめ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.