忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

ビューポートまたはレンダーの照明・背景を回転する方法【Blender】

Blender

投稿日:

質感やモデルの凹凸を確認したい時に、ライティングを回転させたい時がある。
Blender2.8でのシェーディング・ルックデブ・レンダーなどの各ビューでのそれぞれの回転方法を紹介する。

ビューポートの照明を回転する

右上のシェーディング詳細項目にある、 [回転] の値をいじることで、ビューポートの照明を回転させることができる。

欠点

下記のような欠点があるので注意。

  • 縦軸の回転しかできない
  • 回転は-180 から 180度までになっており、Substance Painterのように1周以上を超えるループ操作ができない

シェーディングをより詳細にいじる場合

より詳細に編集したい場合は、 設定 → 照明 → エディター → スタジオライトを編集 の、 方向などをいじる。
照明の角度・ハイライト有無や色などを詳細に設定することができる。

この設定はシェーディングビューにのみ反映される
Matcapやルックデブビューには反映されないので注意。

  • 設定 → 照明 → エディター → スタジオライトを編集を有効化

レンダービューの背景を回転させる

ワールドのノードにマッピングノードを追加し、回転の値を調整することで回転させることができる。
ちなみに縦回転は Z の値を調整する。

  1. 追加(Shift + A) → ベクトル → [マッピング]ノードを追加
  2. 追加(Shift + A) → 入力→ [テクスチャ座標]ノードを追加
  3. 背景画像ノードのベクトルに、[マッピング]ノードを接続
  4. マッピングのベクトルにテクスチャ座標の[生成]を接続
  5. [マッピング]ノードの [回転] の値を調整

-Blender
-, , , , ,

Copyright© 忘却まとめ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.