忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【Blender】Rigifyアドオンのリグに自分のカスタムボーンを追加する【髪のリグを作成】

Blender

更新日:

この動画を参考

Blender標準のリグ生成アドオンであるRigifyアドオンにて、デフォルトのリグの中に、追加のリグを作成する方法を紹介する。
Rigifyでは、ユーザーがリグを拡張することができる。

Meta Rigを編集すること

Rigify アドオンは、リグ生成用アーマチュア(Meta Rig)の調整してから、これを元にリグを自動生成する、という作り方をする。

自分の尻尾や髪、さらなる腕や脚用のボーンを追加したい場合は、Meta Rigの方に新たなボーンを作る。

作成後のリグは基本的に編集しないこと(生成後のリグを編集してしまうと「Generate rig」で再度上書きした際に編集内容が消えてしまう)。

自分のカスタムボーンを追加する

サンプルボーンを追加する

今回はポニーテール用のリグを作る。

  1. Meta rigのアーマチュア編集モードにする
  2. プロパティエディタ > アーマチュア > Rigify Buttons から、spines.basic_tailAdd Sampleで追加する
    • tail(尻尾)の他にも、arm(腕)やleg(脚)などもあるので、用途に応じて変える
  3. お尻付近に尻尾用ボーンが生成される

配置調整する

  1. 追加したボーンチェインを好きな位置に移動・配置調整する
    • デフォルトでは3つのチェインボーンだが、必要な分だけチェインを増やしてもよい

親子付けする

今回は髪のボーンなので、頭にオフセットを保持したまま親子付けする。

プロパティを調整する

先程追加したボーンには、チェインの1つ目のボーンに、リグ生成用のプロパティが設定されている。

この設定は、ポーズモードにて、プロパティエディタ > 個別のボーン > Rigify Type から確認することができる。

今回追加したボーンには、spines.basic_tailというプロパティが設定されているため、この設定を元にテール(尻尾)のリグが生成される。
デフォルトではX以外には回転しないようになっているので、自由に
このプロパティは手動で設定することもできるので、手動で追加したボーンのチェインの1つ目にポロパティを設定してもよい。

リグを自動生成する

  1. オブジェクトモードまたはポーズモードにする
  2. プロパティエディタ > アーマチュア > Rigify Buttons から、Generate Rig を実行する

仕組み

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-Blender
-,

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.