忘却まとめ

Blenderの中級者・上級者向けの踏み込んだ情報や、アドオン・3DCGに関する情報を記事にします

【コンポジットノード】画像のアルファをマスクとして使う【Blender】

Blender

投稿日:

コンポジットノードでは、アルファ情報のある画像データをそのままマスクに利用しようとしてもうまくいかない。(Freestyleのレンダーパスなど)
コンポジットノードにおけるアルファの使い方を紹介する。

RGBA分離ノード(マスクとして利用する場合)

画像ソケットにRGBA分離ノードを挟んで、Aの出力ソケットをマスクとして利用する。
(トップ画像の上のノード構成では、Freestyle画像を白背景と黒線画として出力することができる)

画像データの中身の情報は、[RGBA] だからであるため、アルファを使いたい場合はこの中から[A]だけを抽出する必要がある。

アルファオーバー(アルファのある画像同士の合成の場合)

アルファのある画像同士を合成したい場合は、アルファオーバーノードを利用する。
(トップ画像の下のノードでは、結合画像とFreestyleの線画を合成している)

3Dモデルなどの制作依頼はこちら

-Blender
-

Copyright© 忘却まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.